「アイテム」トップ > コンセプト

コンセプト

子どもたち一人ひとりに「できた!」「わかった!」を

子どもたち一人ひとりが「確かな学力」を持てるように。
その実現に向かって、「わかる喜び」「考える楽しさ」を育む新たな教材を教育現場へ供給しようと、筑波大学付属小学校の先生方とタッグを組み、「アイテム」制作という協働プロジェクトをスタートさせました。サードバージョンとなる新版「アイテム」でも、この企画の根幹は変わりません。
今、日本は様々な分野で課題が山積みになっています。この時代を乗り切っていく力を子どもたちに与えていくのが、私たち大人の使命であることは言うまでもありません。

教えられるままに教室の椅子に座っているのではなく、人の意見をよく聞き、自らよく考え、積極的に意見を伝える。そんな意欲態度の向上も、この一冊の問題集に託しました。
「アイテム」の単元構成は、どの子どものにも学力向上の目標設定が可能なように4つのステップを設けています。最後のステップ「チャレンジしよう」では、教科書に出てこないような頭をひねる問題も掲載されています。その中の1問を、クラスのみんなと1時間、2時間と時間を掛けて解いていく。そのプロセスも経験として子どもたちに与えていただければと思います。
新たな時代を切り開く叡智を築く礎として、「アイテム」が少しでも役に立てればと思います。

筑波大学附属小学校 算数研究部と「i*tem」

次期学習指導要領の動向が気になり始めている昨今、巷ではアクティブラーニングという言葉を耳にすることが多くなりました。日本の教育界はいつの時代もキーワードに翻弄される傾向が強いのですが、すでにアクティブラーニングの考えに基づいた算数の授業とはどんなものか探ろうという動きが見えます。
しかし、これまでの算数授業も子どもたちが協働的に学ぶ授業を目指して行ってきたはずです。大事なことは、学び手である子どもが意欲的に取り組み、確かな知識や技能を身に付け、そして何よりも算数が好きになるということを目的とすることです。
そのような理念を我々筑波大学附属小学校算数部が問題集という形で具体化したものが、この「アイテム」です。
「アイテム」は「I*tem」と書きます。「I」は自分、つまり子どもたち自身を指します。「tem」はTsukuba Educational Methodの頭文字をとったものです。
英語のitemには、項目や品物という意味があり、子どもたちにお馴染みのRPGなどでは、ゲットした様々な道具というイメージもあります。つまり「使える道具」としてのアイテムです。これは、身に付けた知識や技能を役立つものにしたいという願いにもつながります。
また、こんな時代だからこそ、もう一度算数が大好きな子どもを増やしたい、そんな想いもこめてみました。

今回で「アイテム」もサード・バージョンとなります。現在の学校現場が抱える真摯な悩みを解消するために、筑波の算数研究部6名が叡智を絞って作り直して皆様にお届けします。

明日の算数の時間が子どもの笑顔で埋め尽くされることに、この「アイテム」が役立つことを願ってやみません。

筑波大学附属小学校 算数研究部
田中博史/山本良和/夏坂哲志/盛山隆雄/中田寿幸/大野 桂

執筆者から

パンフレット「アイテム算数のご案内」

パンフレット「アイテム算数のご案内」